スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充電器の古いアダプタを分解してみた&SONY Readerの充電ケーブル作成2

電動ガンなどのバッテリーを充電でB6互換タイプの充電器を使っている。
その充電器用のACアダプタを分解してみた。

このB6互換充電器本体はネットオークションで安く手に入れたもの。
おそらく本体と分解したACアダプタは元からのセットの品物ではないと思われる。
ACアダプタは使っているとかなり熱くなり、高周波音がし始める。
あまりいい品質の品物ではない。
なので現在は他のACアダプタ(日本製)を使用していて、使わないので分解。

IMG_4590_20140207212717bbc.jpg
SUNYの12V5A出力のACアダプタ(画像は既にカラ割りした後)
あきばで売ってたりする。メイド・イン・チャイナ。

IMG_4585.jpg
カバーはネジなどはないので、側面の溝にカッターを当てて軽く叩きながら全周にスキマを開けて割った。

IMG_4587.jpg
IMG_4588.jpg
ケース内はスキマはないはずなのに、埃っぽい(なんでやw)
また茶色のシミのようなものがついた部品が多い(^_^;)

IMG_4591.jpg
ハンダ面は焦げがある。ハンダ浮きはないみたいだけど全体的に雑。

さすがチャイナって感じの中身。
高周波の原因はコンデンサの容量が合っていない事や質の悪さ(主に海外製)なことが多い。
交換をしてみようかと思ったけど、中を見たらそのやる気が失せてしまった。
3つあるコンデンサの2つはニチコン(日本製)のマークがついていたけど、本物なのかね?

直しても今は問題のないACアダプタを使っていて、使い道はないしね。
よっぽどヒマで「ああ、むしょうにハンダ付けしたくてしょうがない」ってなったら直すかもしれない。

ちなみに現在使用中のACアダプタは元ノートPC用であきばで¥200で買ったジャンク品。
でも全く問題はなく使っている。


あと電子インクな電子書籍リーダ SONYのReader用の充電ケーブルを自作。
IMG_4593.jpg
以前作ったものは断線してしまったので、あらたに作成。
100円ショップでかったスマホ用のUSBタイプのデーター転送&充電兼用の品物を改造。
カッターで切ってハンダを使わず配線を結線し、熱収縮チューブで絶縁しただけ。
あとは引っ張りに弱そうだったので結束バンドでくくった。

データー転送タイプのケーブルは、その信号のせいでUSBコネクタタイプのACアダプタでの接続では充電してくれない(PCだとOKだけど充電中の画面にままで、本を読むことはできない)ので、4本ある配線の真ん中2本を短絡させないくてはいけない。

しかし最近の100円ショップは電子工作の材料が多くておもしろい。
商品をどう改造してやろうかとわくわくしてしまう( ゚Д゚ノノ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。