スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サバゲ】 P90トラブルいろいろ

P90で発生したトラブル列挙。
覚書

・弾道が曲がる(30m付近で右に)
・ノズルの先端が一部欠け(1ミリほど)※弾道曲がりの原因?
・メカボックス トリガーメカ部スイッチ接点部のリターンスプリング破断(セミオートができなくなる)
・トリガーロック対策用強制発射スイッチコード断線
・初速が不安定
・ピストンラックの欠け・摩耗が進んだ

行った対策、ついでの改良

・バレル磨き(外部、内部、ホップ窓などピカールで研磨)
・ノズルを在庫の東京マルイ純正新品と交換
・ピストン交換(在庫の新古品と交換)
・ピストンOリング部、吸気用スキマを開けるためワッシャーをかまして取付
・モーター接点部クリーニング
・チャンバーパッキンにテフロンオイル塗布(ほぼベタ漬け)

IMG_9685.jpg
IMG_9687.jpg
トリガースイッチ部中のスプリングが破断
破断箇所が引っ掛ける端っこだったので、2巻き分を曲げて引っ掛けにして対処。
これが真ん中だとスプリング交換しかない。
若干、トリガーが重くなった。また強度的にも弱くなったのでまた破断する確率高し。
ネジ止め穴がかけているのはだいぶ前に割れた。ネジもネジ山がナメたためM3→M4にしてある。
スプリングは幅約2ミリの引きスプリング。近所のドイトには3.5ミリ以上しか在庫なし。

IMG_9688.jpg
先端が欠けていたノズル
欠けていた部分はハンダゴテをあてて伸ばして可能な限り修正。
急場しのぎで使うくらいしかないジャンク部品として念のため保管。

IMG_9698.jpg
IMG_9695.jpg
ワッシャーをかまして組み込んだピストン
ピストンヘッドは後方吸気のための穴あけカスタムしたもの。
可能な限り吸気を助けるために、約0.5ミリのワッシャーを挟んで固定して、Oリングのハメこみ部分にスキマが悪用にした。
ピストン後退時にOリングのスキマが大きくなり後方からの吸気がスムーズになる。前進時はシリンダーに密着するので空気漏れは問題なし。

他、純正のスプリング固定用のスペーサーを組込(自作のスペーサーは除去)。
初速調整のためスプリングを2.5巻カット。

初速計測
クローニーの赤色弾速計にて、

 ノンホップ  @84.88m/s MAX 85.37m/s MIN 84.53m/s  差0.84m/s
 適正(たぶん) @81.50m/s MAX 82.21m/s MIN 80.96m/s  差1.25m/s

※0.25g弾東京マルイPHバイオ弾。適正ホップはおおよその位置

弾道は試射レンジなどでないと確認不可なので不明。
組み込み後、ギア用のワッシャー0.2ミリが一枚落ちていた。
動作に支障なく、腰と精神にダメージ大きくメカボ再分解して確認する気になれず、放置。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。