痛グリップをまた作ってる

ハイキャパの痛グリップをまた作ってる。
もうすぐゲームあるしね~(゚Д゚)ノ ァィ

いつものようにパソコン上でグラフィックソフトを使い絵柄を加工。
加工って言っても不要な部分を消したり追加したりしたあと、グリップのサイズに合わせて印刷するだけ。
印刷はインクジェットプリンタで普通紙にカラー。
転写シールは失敗しやすいのと印刷の解像度がよろしくなく、コストパフォーマンスが悪いので使わない。
観賞用ならいいけど、サバゲでのハードな使用には耐えられないし。

IMG_0667.jpg
だいたい予備も含めて一種類2つ印刷。
しかしうちのプリンターはもうヘッドがダメだなぁ。毎回クリーニングしないとイエローが出ない(^_^;)

背景の色はグリップの色に合わせると、細かいところを切り取らなくても目立たない。

IMG_0666.jpg
グリップのサイズの目安になるものを厚紙などで作り、それで向きやだいたいのサイズを合わせて、印刷したものに市販の透明な保護フィルムシート(印刷面の保護用)を切って貼る。
これは保護シートを極力少ない面積で使うため。もったいないしね。

IMG_0668.jpg
保護フィルムを貼ったら大きめのサイズで切り取り、裏面に両面テープを貼る。
両面テープは薄めのもの。でもグリップに張るのでしっかり接着するもの。
ふつうに市販しているもので問題はなし。
幅の広い両面テープのほうが作業は楽。

で、余分な部分を切り取る。
可能なかぎりギリギリのラインで切り取るか、縁取りもデザインのひとつとして残すかは好き好きで。
ただ髪の毛の先など細かい部分は、馬鹿正直に切り取ると、細すぎてグリップに接着できないので注意。

紙+保護フィルム+両面テープで厚めのシールになるけど、気にしなければおk (・A・)ノ

グリップに貼りつけ。
IMG_0672_20110830192605.jpg
IMG_0673.jpg
固定用のネジ穴部分はこの時に切っておく派。
細かい部分を切るのはデザインナイフを使用。刃は切れ味が悪くなったらこまめに交換した方がきれいに切れる。

貼りつけたら、周囲に瞬間接着剤を付けて剥がれ防止とトップコートが紙に染みこんで印刷がにじんでしまわないようにしている。

IMG_0674.jpg
ネジ穴をマスキングして、

IMG_0675.jpg
トップコートに木製品用のウレタンニスを塗る。

塗膜の強度とコストの面から木製品用のウレタンニスを使っている。
ツヤ有り2回、つや消し1回の合計3回の重ね塗り。
乾燥には24時間以上かけないと重ね塗りした際に失敗するので時間をかけている。
雨で湿度が高いときはもっと時間をかける。これを無視して何度失敗したことか...

IMG_0795_20110830193428.jpg
トップコートの仕上げには、つや消しアクリルスプレーを離れた場所から吹きつけて、細かいツブツブがある梨地風に仕上げる。
これをすると細かい失敗部分をごまかすことができるので楽w
ツヤ有りクリアで研ぎ出し作業までしてもいいけど、時間がかかる上にサバゲでの使用で傷だらけになると泣きたくなるのでやめた。

IMG_0803_20110830195238.jpg
ハイキャパに取り付けて完成。

しかしあらためてみるとわかりにくい画像ばっかだな。


う~ん自己満足w

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる