スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P-MAGの調整とレールカバー加工

風呂からあがるときに「あれ?今日頭洗ったっけ?」と記憶が曖昧なchiakiです。
若年性健忘症なのか? 単に風呂の中で本を読んでいてのぼせた線が濃厚。
でも、洗顔は確実に忘れていたので、脳の状態がヤバイっちゃヤバイかも。

たくさんあるP-MAGの多弾数マガジン。
IMG_0113.jpg
使用してるもの以外は不要なのでサバゲでフリマして売っているのだけど、銃によって挿入と射撃時の弾送りに不具合が出るらしい。まあ中華なんで製品の精度は甘いのは仕方ない。

chiakiのM4は昔のメタルフレームを使っているので、それで合わせてもあまり意味はない。
実際これらのP-MAGを挿入するためにフレームを削ったし。

IMG_0118.jpg
一部他の人の銃で弾送りに問題が出たので、給弾口の内側を若干削って間口を広げてみた。
挿入したときにチャンバー部とのズレが生じて弾が詰まる可能性を疑っての処置。
あと、ストッパーの先端を内側に丸く削り、BB弾が引っかからないようにした。

なかなかすべての銃に合わせるというのは難しい。


レールカバーがいくつかあるのでステッピング加工をしてみた。
IMG_0128.jpg
リブをニッパーとヤスリで削りとって平坦にして、半田ゴテで表面にヘコミを付けるだけ。

IMG_0123_20110721203227.jpg
「付けるだけ」といっても結構時間がかかる。
一本1時間程度。単純作業で飽きるなという方が無理ヽ(´Д`;)ノアゥ...

IMG_0122.jpg
半田ゴテは電子機器用の12Wを使用。小さくて熱に弱い電子機器のハンダ付け用で低出力で小手先が細い。
地味に少しずつレールカバーのプラスチックを溶かして穴をあけていく。
溶けたときに若干のプラの焼ける匂いがするけど、12Wの半田ゴテだと溶ける量は多くないので、それほど臭くはない。

IMG_0132.jpg
なんだかんだで6本仕上げた。
2本は色まで塗ってみた。
ステッピング加工すると、小さい穴の中に塗料が入りにくくてうまく塗装ができないのね。

半田ゴテの溶かす向きを工夫すれば、うまく絵が描けそうかもしれない。

IMG_0131_20110721203226.jpg
試しにM4につけてみた。
確かにグリップが向上した感じがする。グローブしててもいい感じ。
素手では擦れた時に痛いこともある(^_^;)

まあフォアグリップがあるので、レールカバーを握るってことはほとんどないんだけどね(´∀`)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。