スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M4カービンとP90とバッテリーの修理

覚え書きみたいなもので。

M4カービン&バッテリーの断線修理とP90の壊れたFETの修理をした。

M4カービンはコネクタのハンダを着け直しただけでおk(゚Д゚)ノ
コードを切った分片側が短くなったけど、まだ長さには余裕があるので問題なし。
今度トラブルあってコードを切った際はプラスもマイナスもコードは全交換になるかな。

ついでにメカボ内も再度点検、清掃してグリスアップ。
初速も計測、ノンホップで最高85m/s(東京マルイ新バイオ0.25g弾)。
適正ホップで-5m/sくらいかな? 流速チューンなどはしないので問題なし。

P90のFETを交換。
IMG_1825.jpg
抵抗などの他の部品は問題なし。FETの交換のみで動くようになった。
使用FETは東芝の2SK2986。絶版品。
性能は耐電圧60V・許容電流70A・on抵抗4.5mΩ・許容損失100W。
FETの在庫はあと1個。でも今まで数年使ってきてはじめての交換なので確保は不要かな。

作業中にモーターの端子接続板が折れてしまった。初期ロットで買ったP90だから劣化。今までよくもった方。
コードに丸型端子を圧着してモーター底面のネジに接続。
丸型端子でネジ止めの方が接触部分が多くなるので電気抵抗も少なくなる(効果は微々たるものだけど)かな?

今後のFETの破損対策としてヒューズをつけることにした。
標準のガラス管ヒューズはメカボの消音材のスペース確保のため外してあった(^_^; 
ガラス管ヒューズは大きいので、ドイトで買ってきた車用の平型ヒューズを取り付け。圧着端子で接続したので万一の交換の際でも作業は簡単になるようにした。
うん、これであと10年は使えるw

 おまけ

バッテリーのコード修理で指切った。
カッターがザクっと。 血がっ! 血がっ! ヽ(* `´ *)ノうわぁぁん
IMG_1835.jpg
圧迫止血してコロスキン(液状絆創膏)で固めて接着。
アロンアルファでもよかったかな?
指を何かにぶつける度に痛いw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。