スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大洗の秋山優花里誕生日イベントに行ってきた その1

ガールズ&パンツァーの秋山優花里誕生日イベントに行ってきた。
あいにくの雨。

IMG_6729.jpg

IMG_6731_20140608203112f5c.jpg
IMG_6864.jpg
大洗駅のインフォメーション

IMG_6734_201406082030050b1.jpg
IMG_6738.jpg
IMG_6741.jpg
当然、ゆかりんの誕生日イベントな飾り付け。
列車のヘッドマークを見る、記念スタンプを押すなど、訓練されたファンとしては通常の作業。

IMG_6747.jpg
記念スタンプを押してくれる入場券は専用の窓口が用意されていた。
この時はそんなに混んでなかったけど、朝一ではインフォメーション利用10万人記念缶バッジの配布で行列ができていたのかもしれない。缶バッジは即配布終了だったとか。

IMG_6945.jpg
入場券スタンプは今月のねこにゃーと誕生日記念のゆかりん。
よく訓練されているので当然2枚購入(ダー様は国井屋さんでもらったポストカード)。

いったんイベント会場に行ってから再度駅へ。
お昼くらいから記念ヘッドマークを付けた列車が構内に停車しているとのことだったので、それを確認。
よく訓練された(ry
IMG_6828.jpg
IMG_6832_201406082039178fe.jpg
IMG_6839.jpg
IMG_6841.jpg
側面の窓はゆかりん一色。
これで、ゆかりん・ゆかりん・アンチョビ・ゆかりん・ゆかりん だったら笑ったなぁ、とくだらないことを考えた(^_^;)

IMG_6851.jpg
後方にはみほさんいた。



スポンサーサイト

【サバゲ】 HK416の分解メンテ 追記

A氏のHK416の追記

ほか、気になった点を改善してみた。

まずはセレクタレバーの直し。
取り付けが緩く、すこし持ち上げると一回転してしまうのでなおした。
原因は内部のベアリングが若干大きいサイズなのとフレームを挟み込む遊びが大きいこと。
IMG_6719.jpg
セーフ・セミ・フルの位置で止まる穴がベアリングのサイズに比べて浅いので、ピンバイスで少しだけ深く穴を細工。

IMG_6722.jpg
レバーの裏側を削り、挟み込むフレームの厚さと合わせて遊びを少なくした。削り過ぎると動作がきつくなり、フレーム塗装を剥がしてしまう可能性もあるので、気持ちスキマ開くくらいまでにしておいた。

IMG_6723.jpg
クリック感も改善してスキマが空いて斜めになっていたのは直った。もちろんレバーが上に回ってしまうのも改善。

フレーム左側にあるボルトキャッチャーがなかったので取り付けた。
オリジナルのパーツもなく、東京マルイ製とも違うので在庫のパーツにあったおそらくガスブローバックの物を思われるボルトキャチャーを加工して取り付けてみた。
IMG_6949.jpg
ネットオークションで手に入れたパーツにあったうちのひとつ。
メカボに干渉するので余分な部分をリューターで切断。

IMG_6950.jpg
IMG_6953.jpg

カットしてフレームに固定するピンが通る穴も作る。
クイックウェルドで裏面を盛って整形。

IMG_6955_2014060819571318e.jpg
取り付けてみた。パッと見不自然ではないのでOKかな。
フレームも若干キズが目立っていたけど、文字がシルク印刷されているので、ガッツリ塗装はできない。目立たなくなるように薄くつや消し塗装。ただし、アルミ合金のフレームは塗装が剥がれやすく、こればかりは個人では完全な対処は難しい。

【サバゲ】 HK416の分解メンテ

ずいぶんと更新してませんでした。

放置で広告も出るようになってしまった。
しばらく見ない間に、FC2の記事記入ページのデザインも変わっているのね。

では、報告がてら久々の更新。

この前のサバゲでA氏よりHK416のメンテを依頼されたので、その内容でも。

預かった海外メーカー製のHK416電動エアガン
IMG_6709.jpg
初速が70m/s以下と落ちてしまったのでその改善。
原因はいろいろ考えられるので、とにかく分解して見てみないことにはなんとも言えない症状。
ほか気になった部分をいじってみた。

行った作業:
・バレルの清掃、内部と表面を磨いた
・チャンバーパッキンの状態確認、オイル塗布
・シリンダーを交換(謎な歪みシリンダーを東京マルイ製P90で使っていた物に)
・シム調整
・ギア、シリンダー、ピストンの洗浄、グリスアップ
・メカボックスのシリンダーが当たる部分の加工(丸く削って割れ防止)
・メカボックスのないネジを取り付け
・グリップ底蓋のネジを交換
・モーターの接点復活剤塗布(意味ない?)
・フロントハンドガードとフロントグリップのグラつき改善
・メインスプリングにスペーサーを追加(初速調整)
・PEQ16タイプバッテリーケースの瞬間接着剤跡を可能な限り消した

まずはバレル
IMG_6675.jpg
真鍮バレル。画像ではわかりにくいけど、酸化してくすんでいる。
恐らく内部も。

IMG_6681_20140604201236136.jpg
内も外もピカールで可能な限り磨いた。手が真っ黒になる。
磨いた後は洗浄してシリコンオイルを付けた柔らかい布で仕上げた。

チャンバーはCNC削りだしのProwin製チャンバーブロック。精度は高い。
エア漏れもチャンバーの歪みもなかった。

モーター
IMG_6685.jpg
いわゆる通称机モーターかな?
東京マルイのロングタイプ互換モータだけど、回転数は遅め。
可能であれば交換した方がいいけど、今回は清掃して接点復活剤を塗布したのみ。

メカボックス
IMG_6687_201406042033111d8.jpg
IMG_6688_20140604203117954.jpg
東京マルイのバージョン2互換。っていうかフレームはマルイ製にしてあるのかな?
ただし、ネジが数本ない。在庫のネジを追加。

IMG_6690_201406042031182c4.jpg
メカボックス内。
思ったよりはキレイ。でもグリスは少なめ。

IMG_6693.jpg
パーツは海外製。ピストンとスプリング一式は東京マルイ製らしい。
軸受けは金属製だけど、ベアリングタイプではない。

IMG_6694_20140604204012b8e.jpg
このシリンダーはクセモノだった。持った時に「アルミ製? 軽いなぁ」と思いよく見たら歪んでいた。
ピストンヘッドとの間にスキマができてる。ノズルを塞いでピストンを動かして気密チェックしたところ、空気が漏れていた。
強度が不足して歪みやすい。初速の低い原因のひとつかもしれない。
シリンダーヘッドは問題なし。

IMG_6696_20140604204014696.jpg
歪んでピストンヘッドの接触部分にキズがついていた。
っていうか、キズつく事自体おかしい(^_^;)

ピストンヘッドにシーリングテープ巻いてエア漏れを防止しようかと思ったけど(応急ではいいけど本来は愚策)、こんな状態のシリンダーを使い続けるのはリスクが大きいと判断して、在庫の東京マルイ製P90用のシリンダーと交換した。
どちらも加速シリンダーでシリンダー長は38ミリから31ミリに減ったけど、バレル長から考えて問題なしと判断。
在庫のシリンダーも他はフルサイズの物しかなかった。

ギアまわりも洗浄して、グリスアップ。
グリスはギア周りは東京マルイ純正の高粘度グリス、ピニオンギア周りにはタミヤのアンチウェアグリスを塗布。

あとシム調整した。
元のシムの枚数は2枚のみ。
シム調整で使った枚数はいろいろな厚みを9枚。
う~ん、なんだ元のアバウトさはw
ただモーターのピニオンギアが上下に若干動いてずれてしまうことがあるようで、シム調整の意味が薄れる。
やはりモーターを東京マルイのEG1000などに交換したほうがいいかも。

IMG_6700.jpg
メカボックスを閉じる足りないネジも取り付けた。
ピストンヘッドは後方吸気穴なしの東京マルイ製。穴を開けて吸気を良くしようかとも思ったけど、これをすると定期的にメカボックスを分解してのOリングのグリスアップしないといけないので、長期間メンテフリーにするために今回は見送った。
グリスはタミヤのセラミックグリスを塗布。ピストンOリングのスキマにも充填しておいた。

メカボックスのシリンダーの当たる前の角をリューターで丸く削る加工もしておいた。
力がかかる部分でそこからメカボックスが割れる事があるのでその対策。

この状態で組立、テストで初速を計測したところノンホップ75.7~76.77m/s(0.25g弾) 平均76.2m/s。元と比べて若干上昇したのみだけど、安定度は±1.0m/sと結構良い数値。

初速をもうちょっと上げたいので、スプリングの交換も考えたけど、今回はスペーサーを間にかますことに。
東京マルイ純正のピストンとスプリングが一体タイプなので要分離加工になり、最近の製品はネジの固定が強固でピストン破損のリスクがあるので、スペーサーを選択した。
ただスペーサーを使った場合スプリングのヘタリが早くなるリスクもあるので一長一短。

で、スペーサー(約10ミリ)を追加した初速は、ノンホップで84.2~86.2m/s(0.25g) 平均85.4m/sとなった。
若干最低と最高の差が2m/sとひらいたけど、許容範囲。
弾測計はコンブロ製でクローニー製よりも2~3m/s程高く出る傾向になるので、実際にはもう少し低め。
適正ホップだと80m/sちょいになるかも。

銃刀法での法定初速にはまだ余裕があるけど、リスクは低い方がいい。「適性ホップでギリギリ数値の銃はノンホップでオーバーじゃね?」と言われるよりもマシ。

ほか気がついたところに手を入れてみた。
IMG_6702_201406042052526b0.jpg
グリップ底蓋のネジを交換。元のものは頭がナメていたり色がシルバーだったので黒ネジに。

IMG_6710_20140604205253595.jpg
ダットサイトはレールに取り付けると取れないけどグラつく。
自分の銃やハンドガードのレールに取り付けるとガタツキはないので、フレーム側のレールが原因。
これはレールの加工が必要なので対処できない。
マウント側にスペーサーを付けるのも検討したけど、今回は何もせず。

IMG_6711.jpg
フロントグリップのグラつきは、厚めの紙をスペーサーに貼り付けて解消。あまりいい策ではないが、金属などでは傷がつきそうだし、パテ盛りなど不可逆なの解決方法は避けた。

IMG_6714.jpg
IMG_6716.jpg
ハンドガードもわずかだが、左右にグラついていた。原因はフレームとの接合部分のスキマ。
1ミリ以下のスキマだったので、クイックウェルドを薄く盛ってヤスリがけしスキマができないようにしてみた。
グラつきは解消。
合わせ目なので外から見えないので外観に変化はない。

IMG_6718.jpg
PEQ16タイプのバッテリーケースは部品を付けた際の瞬間接着剤の跡が白くなっているのが若干目立っていたので、ヤスリがけして凸凹を消し、つや消しクリアを軽く吹いて目立たなくしてみた。

命中精度や飛距離などはフィールドで試射できないとわからないので、この点は未知数。
細かい修正は実射してからかな?


次の更新はいつになるかな?
レポートしていないサバゲや大洗の下見の記事もあるけど、まぁ気が向いたら(^_^;)
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。