スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC用水冷ユニットの水中ポンプを交換した(覚書のようなもの)

メインPCで使っている水冷ユニット(リザレーター1)の水中ポンプが故障してしまい、市販品を買って交換してみた。

リザレーター1はラジエーターがタワー型の水冷ユニット。
友人からもらったものもあり計2台所有して、うち1台を使用している。
つまり故障しても予備がある。あってよかった(^_^;)

IMG_4657.jpg
こちらは青の方のリザレーター。PCの後のスキマに設置中。
故障したのは黒の方の水中ポンプ。

症状は水中ポンプの故障により、水が送られず冷却できない(水冷として致命的)。
前日に内部でカラカラと異音がして、「???」と思っていたけど冷却はしていたので特に気にしていなかった。
当日PCを起動したところ、温度表示ソフトの温度数値が起動したばかりなのに60度と表示。
すぐさまPCをシャットダウンして水流を確認したところ、流れてない orz...

IMG_4611_20140212214328eb0.jpg
原因は水中ポンプ内部のフィン部品が破損していたこと。
フィンと一体になっている磁石がフィン軸から取れてしまい、磁石だけ回転してフィンに回転が伝わらない状態だった。
あ、破損状態の撮影忘れた。

破損自体は接着で直ったけど、念のため新品を買うことに。
修理品は予備として保管。

IMG_4654_201402122143301d8.jpg
買ったのは同じタイプの水中モーター。左が新品。右は故障していたもの。
エーハイム製のコンパクト300という製品。
ネット通販にて購入。1500円ほど。
より水流の強いコンパクト600という製品もあるらしいけど、特に必要を感じなかったので同じものを選択。

IMG_4612.jpg
タワーを分解してポンプ外し中。
むむむ、タワーのアルミが腐食してる箇所がある。気休めだけどクイックウェルドを盛って補修。
これでいつまで使えるかな?
ACコードはスイッチ部からコードを外して抜いた。

IMG_4655_20140212214332d15.jpg
ACコードにゴムの防水パッキンを通すのがきつく難しかったが、シリコンスプレーを吹いて滑りやすくしてなんとか通した。

同じ水中ポンプなので特に工夫もなく交換完了。
なんというかおもしろみがない。

現状では予備の青タワーで稼働中。
せっかく水中ポンプを交換した黒は青がトラブル時に使用することに。
あ、黒は水漏れしないか確認してないや。
まぁダイジョブでしょ(^_^;)
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。