スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サバゲ】 ハイキャパのグリップヒーター改良

ラブプラスをプレイしている人間を怒らせてはいけないと思うchiakiです。
人間一番感情を制御できなくなるのは趣味の分野だったりするんだよね
っていうかA&G+がおもしろすぎるw




ハイキャパのグリップヒーター
IMG_4208.jpg
少し電子部品的なものを追加して改良してみた。

追加したのはこれ
IMG_4206.jpg
LED用定電流ドライバモジュール
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=13004
パワーLEDを点灯させる装置で電動ガンのバッテリーくらいの電圧で1Aの電流を流すもの。
もちろん電流の調整も可能。
もちろん本来の使用用途のはるか外の目的で使用w
っていうか使えるのか?www

なんでこれを使うかって言うと、今までグリップヒーターはバッテリー(乾電池)をそのままつなげていたのでヒーターの温度調整が不可で、8.4Vなどの電動ガンバッテリーをつなげるとハンパなく温度が上がったうえに短時間でエンプティーになってしまうため。
このモジュールを使って、電流を制御してバッテリーの消耗を可能なかぎり抑えられればと。
欲しい電流値は500mAくらいが理想かな?


ニッケル水素8.4V3300mAhをつなげて計測。
IMG_4203_20120209212852.jpg
ダイヤル最大位置で電圧約7V、電流約840mA
ちなみにグリップヒーターの抵抗は約8Ω(実測)。
E=IRなオームの法則にあてはめても、まぁ正しい値でしょう(゚ε゚)

電流値を調整
IMG_4205_20120209212850.jpg
500mA流れるようにしてみた。
ヒーターの温度もいい感じ。

単純計算で容量3000mAhのバッテリーで6時間もつ計算。
実際にはモジュールの消費分もいれればもっと減るだろうけど、まぁ流しっぱよりはいいかと。

あとは電動ガンのバッテリーをそのまま繋げるのは、過放電でバッテリーがだめになる可能性があるので、
オートカットユニットを取り付けなければいけない。
う~ん、ポーチに収納が難しいな(゚Д゚)
さて実際使ってどうなるか。
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。