フェイスマスク購入とハイキャパの痛銃化工程

サバゲ用のこんなフェイスガードが売っていたので買ってみた。
IMG_1971.jpg
ストライク スティール ハーフフェイスマスク TANカラー


メッシュになっているフェイスガード。
口まわり鼻をガードできる。
固定用のバンドはゴムで伸縮可。長さの調整も可能だけどフック式ではないので分離はできない。
メッシュは金属製(スチール?)で塗装はしっかりしていて剥げにくそう。実際ゲームで使ったけど問題は出なかった。
力をかければある程度変形させることも可能なので、顔の形にあわせて調整もできる。ただし結構固いので痛いこともある。
縁取りの部分は布。これはホットボンドで固定してある。仕上げは若干荒いけど使用に支障はない。BB弾ならしっかりガードしてくれそう。

IMG_1982_20101004171951.jpg
あと非常時にはこんな感じでゴーグルの代わりにもなる。なんとなくドムのモノアイぽいのがオサレ(゚д゚)ウマー
...すいません...アホなこと考えました...(つД`)・゚・

IMG_1996.jpg
chiaki的にはゴーグルとフェイスガードの2つのバンドを頭につけるのは締め付けがちょっと痛いので、ゴーグルとくっつけてみた。
タイラップでちょちょいとくくりつけ。
フェイスガードのバンドは短くして前にまわした。

これでゲームもしてみたけど、とくに問題なし。
取り付けたタイラップが顔にあたって痛かったくらい。
メッシュなので呼吸も楽。
色がTANカラーなんでフィールドで白っぽく目立つかと思ったけど、それほどでもなかった。
銃のサイティングも若干顔の傾け方が大きくなるけど、それほど無理な体勢になることもなかった。
戦闘中にゴーグルが曇って視界が悪くなったときにササッと切り替えたりもした。まあ、そんなに役に立たなかったけど(^_^;

価格も手頃だし、なかなか使えるアイテムかも
(゚д゚)ウマー




ハイキャパの痛銃化の作業画像でも

スライドの平面の面積を大きくしてシールの貼り付けを楽にしてみようかと画策。
カッコいいスライドのデザインを台無しにする行為w
IMG_1838.jpg
タミヤのエポパテを盛り盛り。
足りないと面倒なので多めに盛る。
スライドの色がチグハグなのは前の痛シールを剥がしてヤスリがけしたから。

IMG_1840.jpg
エポパテが硬化したら200番の紙ヤスリで削る。
削る際は紙ヤスリを木や専用の平面出しスポンジなどをあてて削ると楽。
風呂場で裸になってスライドのヤスリがけをするオレ...
エポパテ色の部分が広くなった平面。幅で6ミリくらい平面が広がった。

IMG_1845.jpg
小さい穴やキズ等の細かい部分の補修をする。エポパテや溶きパテをつけまくる。

IMG_1849.jpg
サーフェーサーをささっと吹きつけて下地をつくる。

IMG_1853.jpg
おなじみクレオスのザクⅡカラースプレーで塗装。
ムラができたりするけどあとで修正できるので気にしない。

IMG_1859.jpg
IMG_1861.jpg
IMG_1862_20101004174629.jpg
グリップのフレームも塗装してみて仮組みしてみた状態。
う~ん、やっぱしツマンない色になるよなぁ…( ̄ε ̄;)

平面を増やしたスライドも予想通りカッコ悪いw
なんか中途半端なグロックみたいな感じになった。

IMG_1934.jpg
シールの作成、切り出し。
PCのグラフィックソフトで素材を加工して印刷。この作業が一番苦痛かも(;´Д`)
今回はOHPフィルムではなく普通紙に印刷。
その上にUVコーティング用のクリアフィルムを貼って、裏面には強めの両面テープを貼ってみた。

IMG_1936.jpg
貼りつけ作業。
腕を切ったり、足を切ったりして形を合わせるw
リアルで切ったのはchiakiの指だったりするヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

印刷時にある程度のサイズ調整はしておいてから、実際に切り出した後に銃と貼りあわせながら切っていく。
ああ、めんどくさい(-""-;)

IMG_1939.jpg
貼った状態。
スライドの動きに干渉しないかなど動作確認をして、フチの剥がれ防止に瞬間接着剤を軽くフチに流しておく。
その後つや消しクリアスプレーを吹きつけてトップコート。
トップコートは少しずつ何回も吹き重ねていシールを保護する。
作成時の塗装などのこまかいキズ・失敗等はこれでごまかせるw
塗装したあとの乾燥も時間をかけないと、何かにくっつけて保管したりホルスターに入れたりしたときにアトが付いてしまうので注意が必要。

IMG_2043.jpg
まあ、こんな感じ。
ゲーム中もみなさんほぼスルー(゚д゚)ウマー

今度作業するときは、ヤスリがけ→シール貼りつけ→シールのみマスキング→サーフェーサー吹きつけ→塗装 の順にしてみようと思う。サーフェーサーを吹く前にシールを貼ってしまう。シールがどうしても厚みの分浮いてしまうので、それを少しでも解消するためにはじめの段階でシールを貼ってしまおうかと。

サバゲで使うのでなければ、ウレタンクリアのスプレーを吹きつけて固めのトップコートするのが一番いいだろうけど。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる