スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY Reader用の充電ケーブルを自作

SONYの電子ブックReader PRS-350。
充電はPCを起動している時にUSBケーブルを接続しないとできないのが若干不便なので、PCを起動しないでも充電できるようにしてみた。
専用のAC充電器は高いので買わん。
自宅にある他のUSBコネクタの付いたAC充電器では仕様の違いから認識せず充電できない。

ネットで情報を集めたところ。USBケーブルの4つあるコネクタのうち真ん中の2つがショート(つなげる)しているとReaderを認識して充電可能になるらしい。

IMG_5768.jpg
で、100円ショップでUSBの延長ケーブルを買ってきた。
これを加工して手持ちのUSBハブ(4ポートのACアダプタ付き)に接続してみる。

IMG_5785.jpg
充電器代わりに使うUSBハブ。PCのキーボード、マウスを接続するのに使っている。ACアダプタ付きでバスパワード以外でも電源が取れる。

加工
IMG_5779.jpg
延長のUSBケーブルを適当なところで切断。
USBケーブルのなかには4本の線がある。4本ある線がどのコネクタの線なのかテスターで導通を調べて確認。
このコードの場合、赤黒の2本がコネクタの両端(赤が+5Vと黒がGND)、桃と白がショートさせる中央の2つのコネクタ。

IMG_5780.jpg
赤黒線はそのままつなげて、桃と白はまとめてショートさせてハンダづけ。
それぞれの線は熱収縮チューブで絶縁しておく。

IMG_5786.jpg
上からさらに太めの熱収縮チューブをかぶせて完成。
まあシロウト加工なんで見た目はアレw

IMG_5783.jpg
ACアダプタをつけたUSBハブ→今回作ったUSB延長ケーブル→Reader付属のUSBケーブル→Reader
な順番でつなげて、充電できるようになった。
充電しながら読書も可能。

あとエレコム製のウォークマン用のAC充電器につなげたところ、こちらでも充電できた。
時間があれば古いmova携帯のAC充電器を加工してみようかな。

*万が一にもこの記事を参考につくろうとする人は自己責任で作業してください。
 本来バッテリーの充電には、そのバッテリーにあった電圧電流で適正な時間接続する必要があります。
 最悪、機器が発火破損などするおそれがあります。
スポンサーサイト

Reader用シリコンカバー&保護フィルム

テンションダウン
どうも力入らん
(-""-;)

SONY Reader PRS-350
IMG_4833.jpg
買って二日目で傷をつけたorz...

机から落とした

なんだかなァ


実はその前にエレコムのReader用シリコンカバー(保護フィルム付き)を通販で注文していた。
IMG_4835.jpg
泣く

IMG_4862.jpg
SONY Reader PRS-350はいい感じ。
タッチパネルの反応が遅いのはやはり気になるけど、ページめくりとかは基本ボタン操作なんで使用頻度低いので問題なし。
スタンバイモードの表示画像をころとせっちゃんの画像にした。
複数の画像を指定できるので、パワースイッチでスタンバイモードにする度に画像が変わるのがおもしろい。
chiakiの下手くそな写真も白黒電子インクで評させると味が出る。

ジップ式のビニール袋に入れてお風呂でも使ってみた。
ビニールをかぶせているとタッチパネル操作はできないのでボタン操作でページめくり。
風呂にはいる前に読みたいものを選んでおく必要はある。
湯船に落とすリスクもあるけど、それは紙の本でも同じ。

風呂といえば、最近湯船に栓をせずにお湯を入れたり、ガスの元栓を開き忘れて湯沸しをオンにしたりと、どうもうまくいかない。
調子がわるいのかボケボケである。

SONY Reader PRS-350を買った&コジマ電気のショボさ

SONY Reader PRS-350
いわゆる電子書籍
パソコン経由で電子書籍を入れて本の様に読むもの

買った
買ってしまった
1万9800円也

色はピンク
IMG_0578.jpg
メタリックなピンク
いや、ピンクっていうより紫っぽいかな?

色は他にシルバーとブルーがあったけど、いまいちぱっとしない印象だったのでピンクを選択。
小さいサイズの物なのでどこかに置いた時にピンクの方が目立っていいかなっと。

もうワンサイズ大きい PRS-650 というのもあるけど、機能的には350でコトは足りると判断。
PRS-650だと1インチ画面が大きくて、音楽聞けたり、SDカードが使えたりするけど、それで5000円高いのはね。

さっそく、ころの画像を転送してみた。
IMG_0588.jpg
JPEG形式サイズ3.7MB
800x600の画素数なんだから「縮小専用。」でリサイズしてから転送しても良かった。
失敗。
新聞の白黒写真よりちょっと荒い。
白黒な電子ペーパーなんでカラー画像の画質はこんなもんかと。
でも思ったよりキレイ。

現在いろいろいじって遊んでいる最中。

SONYの公式電子書籍店はまったくラインナップ&使い勝手がまたっく不自由なのではじめから眼中になし。
操作も「モッサリ感」があってお世辞にもスムーズとは言えないけど、まあ初めから期待はしていないのでそこら辺はスルーw 使い勝手は正直良くない。リアル文庫本そのまま電子書籍ってのは所詮無理(^_^;)
いろいろいじって楽しむおもちゃって思えばいいかも。

とりあえず、青空文庫形式のテキストファイルをいろいろいじってReader用に変換中。
いまのところいい感じなのが、

 『青空文庫形式のテキストファイルをPDFに変換するツール、略して「青P」』 
 サイト→「晶紀の館」
 を使って青空文庫形式のテキストファイルをPDFファイルに変換。

 ↓

 なぜかこのままだと、Reader上でタイトルがきちんと表示されないので、pdfの文書情報を変更するソフト
 「PDF InfoMaker」
 サイト→「papy's softwarelibrary」
 を使ってタイトルと作成者に入力

 の方法。

 pngやjpegなどの画像ファイルは、
 「ChainLP」
 サイト→「No.722」
 でPDFファイルかePubファイル(電子書籍の形式の一つ。Readerでもサポートしている)に変換すればよろし。
 サイズはテキストより大きくなるけど、これは仕方ない。
 
まだ買ったばかりなので手探り状態での使用なんで、また後日記載予定。

これで本棚のスペースが減っていくペースが落ちればいいけど、きっと変わらず紙の本もどんどん買うんだろうな(;´Д`)


■以下、余談というか愚痴

近所のコジマ電気でこの Reader RS-350 は買ったのだけど、コジマ電気の電子書籍の担当者とおぼしき店員は正直レベル低かった。

まあ「GALAPAGOS」のジャンパーを着ていたので、もしかしたらシャープから来ていた人間かもしれないけど。
なにかにつけて「GALAPAGOS」をすすめてきたし。

「テキスト形式のファイルはメモとしてしか認識しないの? 書籍として認識する方法はないの?」
「SONY純正以外でカバーとか製品はでているの?」
とかいろいろ質問をしてみたけど、いまいち煮え切らない返事しか得られなかった。

声をかけてきながら、置いてあるカタログ見ながら確認するなよ。
レジのねーちゃんもReaderの存在を知らないのか在庫の確認で首かしげていてちょっと待たされたし。

あと店内を見ているとそばにいる店員がやたらアップル系の製品をすすめてきた。
iPadやiPodなんか。
売れていないのか、ノルマでもあるのか?

オーディオ系の製品を見ていたら
「iPodはもうお持ちなんですか?」とか声をかけてきたんで、「iPodはキライなんで持ってない」と答えてみたら「なんでおキライなんですか?」ってさらに聞いてくるから「アップルがキライだから」って答えてやった。そのあと「おキライかもしれませんが限定品があと3個なんでよろしければあとでご覧ください」って言ってきたのは商魂たくましいというか、ちょっと負けた気分だった(゚д゚)ウマー

とりあえず静かに品物検討させてくれ(;´Д`)

そういえば以前妹がウォークマンを見に行ったときに店員から「いまならヤマダのポイントが、じゃなくてコジマのポイントがwww」とか言ってたな。自分の店舗名を間違えるとか謎の店だ((゚ε゚)


カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報
Twitter ツイッター
TweetsWind
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物



お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。