FC2ブログ
             

Panasonic DIGA BWT620のHDDを1TBから3TBにHDDクローン装置を使わずにコピーして換装した

 ひさびさにブログ更新。

 と言っても自分用覚え書きメイン。


 Panasonicのブルーレイ録画デッキDIGA BWT620のHDDを換装したので、その内容を記載。

 BWT620は容量1TBを搭載。
 これを3TBに換装した。
P1090027.jpg


 BWT620は購入して約6年。
 そろそろHDDも稼働時間も長くなり故障する確率も高くなりそうなので、念の為交換してみようかと思い作業。
 新品HDDも検討したが、ネットオークションで稼働時間少なめの物を割安で手に入れられたので中古ながらそれを使用。
 特に現状の1TBで録画時間不足で困るということもなかったし、もしおかしいHDDなら元に戻せばいい。
 新品でも初期不良があるのでリスクはこの場合いっしょと判断。

P1090029.jpg
 換装前HDD WD製 型番 WD10EUCX-14YZ1Y0 1TB 録画時間約90時間(DR)

P1090043.jpg
 換装後HDD WD製 型番 WD30EURX-14T0FY0 3TB 録画時間約270時間(DR)

 ともに録画用に特化したAV-GP対応のHDD。

 WD30EURX-14T0FY0はSATA150(1.5Gbps)。
 録画用なので速度はそれほど必要ないが同じEURXでも「-63FH1Y0」という型番もありそちらはSATA-300(3.0Gbps)らしい。

 DIGAのHDD換装はいろいろなサイトで方法が書かれているので詳細はそれらを参考。

 ただし今回の方法は多くの場合用いられているHDDクローン装置を使わずにバイナリエディタHxDで元HDDの先頭2GB分を換装先HDDにコピーすることで行った。

 結果は成功。

 HxDを使いHDDクローン装置を使わなくても換装作業ができることを確認できた。

作業準備

 DIGAの分解はサイトで検索すると各種見つかるので、わかりやすものを参考にした
 HDDの内容をコピーするためにバイナリエディタHxDをインストールした 
 事前にHDD内の録画番組は外付けUSB HDDにダビング済み
 DIGAで録画予約する番組がない時間帯に作業した(作業時間は1時間かからないが念の為数時間分を想定)
 初期不良などないか見るため換装用3TBHDDをPCにつなぎCrystalDiscInfoとExamDiskにてS.M.A.R.T値やIntelliParkなどを確認する。
 ※省電力機能のIntelliParkは1TBも3TBもOFF状態だった
WS-0003.jpg
WS-0004.jpg
元HDD WD10EUCX-14YZ1Y0 1TB

WS-0001.jpg
WS-0002.jpg
交換HDD WD30EURX-14T0FY0

作業内容


 BWT620を分解しHDDを取り外す。 
 ※前面パネルの固定ノッチとつながっているコネクタ(前面左1箇所)を破損しないよう注意する。
 HDDをつなげてるコネクタ基盤は破損しやすい用に見えるので扱いは丁寧に。
P1090033.jpg
 

 取り外した1TBをPCにつなぎ(今回はeSATAの外付けHDDケースを使用)、HxDというバイナリエディタで中身を確認する(HxDの使い方はサイト検索すると各種ある)。
 HxDでは接続されているすべてのHDDが認識されてどれがDIGAのHDDかがわかりにくい。

 判断方法の一つとして、

 デスクトップのコンピューターアイコンを右クリックして、「管理」を選択。
 「コンピューターの管理」の「記憶域」の「ディスクの管理」を選択。
 中央下の部分に表示されている「ディスク○」の○の数字を確認してフォーマットされていないパーテーションが未割り当てなどのディスクがDIGAのHDDなので、HxDでは
その番号のハードディスクを「エクストラ」→「ディスクを開く」で開く。

 念の為、HxDにてHDD内に「Panasonic」の文字列があるか検索。
 あればDIGAのHDDであると思われる。

 HxDでのコピー時に注意する点はHxDでのコピーは一度に768MBまで。
 今回は2GB分のコピーをするには512MBを4回に分けて作業した。

HDDのオフセット値

 00000000-1FFFFFFF
 20000000-3FFFFFFF
 40000000-5FFFFFFF
 60000000-7FFFFFFF

上記の512MB分を4つコピーし、換装先のHDDの先頭(オフセット00000000)から512MBずつオフセット値を間違えないように指定しながらコピーしていった。
4つのサイズ512MBができあがる。これを換装先のHDDにコピーする


 換装先の3TBHDDをPCにつなぎ、コピーした上記のファイルをHxDにてHDDの先頭(00000000)からコピーしていく。
 コピー先のオフセット値を間違わないように。


 コピー後、HxDにて3TBのHDDとしてDIGAが認識するように数値を変更する。
 これをしないと3TBのHDDを1TBのHDDのまま認識してしまう。

 DIGA BWT620での変更箇所は16箇所。

 A2 14 1A 1D の並びを8箇所を E6 3D 4F 57 に

 A2 04 0E 1D の並びを8箇所を E6 2D 43 57 に

 それぞれ変更。変更は「検索」して見つける。

 A2 14 1A 1D はオフセット値の

 41010
 42010 
 43000 
 43010 
 2041010 
 2042010 
 2043000 
 2043010

 上記8箇所に、

 A2 04 0E 1D はオフセット値の

 401C0
 411C0
 421C0
 431C0
 20401C0
 20411C0
 20421C0
 20431C0

 上記8箇所にあった。


 PCにて変更作業した3TBHDDを取り外したのと逆の手順にてDIGA本体に取り付ける。
P1090036.jpg
P1090037.jpg
 


 取り付け後、DIGAのリモコンのスタートボタンにてDIGAを起動させる
 ※電源ボタンで起動させるとHDDを正しく認識しない


 HDDの管理よりHDDをフォーマットして、録画可能時間が約270時間になっていれば成功。
P1090040.jpg


 念の為、適当な番組録画、USB-HDDから本体HDDへのダビング、BDメディアへのダビングなど正常にできるか確認する。

作業は以上。


交換後それなりに録画ダビングしているが今のところ不具合はなし。
若干BWT620の筐体温度が高いかなと思わないでもないけど最近の気温が高いのでなんとも判断しづらい。HDDの回転数は5400rpmなので発熱は低いはず。
筐体の冷却ファンは回転しているが、もしかしたら熱でHDDの寿命に影響があるかもしれない。

スポンサーサイト

DIGA(HDD録画デッキ)の外付けHDDが壊れた

パナソニックの録画デッキ DIGA BWT-620 につなげてあった外付けUSB HDD 2TBが壊れた。
いろいろ試したけどダメだった話。

DIGAの電源を入れた時、そして操作している時は異常なかったのだけど、電源を切った時に本体表示がずーっと「PLEASE WAIT …」のまま。
おかしいけどたまにある事なのでコンセントを抜き差しして再起動。
その後、録画一覧を表示させるもUSB HDD録画番組の表示ができない。
え?と思いつついろいろ確認したところUSB HDDへのアクセス音がおかしかった。

USBケーブルやケースへの接続など考えられる原因の確認は行いすべてシロ。
HDD本体をPCにつなげて「HDD Regenerator」(HDDの修復を行ってくれるソフト)で確認すると、不良部分がのっけからでるわ、でるわ(^_^;)
IMG_3224.jpg
IMG_3228.jpg


このHDDは以前不良セクタの大量発生があったWDのEARS2TB。
IMG_3229_201603142003156b3.jpg
途中でデバイスがない旨で修復が止まる。
直せる箇所も読み込む速度がたいへん時間がかかる。
数回やり直して修復作業を試みたけど、あまりにも多くて結局止まってしまうのであきらめた(^_^;)

EARSはWDのHDDの中でもトラブルが多く不評だった型番。結構売れてしかも被害が多かったらしい。
メインPCで3台使っていたのだけど、うち2台が故障し、1台は被害甚大で修復不可のジャンク扱い、1台はある程度修復でき利用可能部分をなんとかなるかとダメ元でDIGAの一時保存用として使っていて、それが今回故障し認識できなくなった。
まぁ仕方ないかな。よく保った。

保存してあった番組は特に重要なものもなく、BDディスクにコピーしてあったものも多かった。
あー観れなくなっちゃったか程度な感じ。
ただこの前PC用に3TBのHDDを買ったばかりなのに、別のHDDが壊れるのはなんとも言えぬイヤな縁を感じてしまった。

DIGAに一時保管用のHDDがないと若干不便なので、3TBHDD導入で余った1TB(Seagate製)を接続。
2TB→1TBで半分の容量になったけど使用には問題なし。
ただ7200回転の発熱多めのSeagateHDDなんで熱でのダメージが不安。
様子見。

PCのHDD増設と新たな電子書籍デバイス SONY Reader PRS-T1

新しいHDDと電子書籍デバイスを買った。

■HDD
バックアップ用としての購入。

WD製のWD30EZRZ 容量3TB。
IMG_3218.jpg
IMG_3219.jpg
今まで2TBのHDDのバックアップとして1TBと500GBx2のHDDを組み合わせていたのだけど、使い勝手が若干悪くなったのでその代替品。
同じ容量の2TBにしなかったのは、将来的に別のデータ保存用として使うため。

WDは用途別に色でブランドが分かれているのだけど、そのGREENとBLUEが統合されたらしい。
買ったのはその統合後のBLUE。以前のGREENと同じらしいが正直どうでもいいw

で、WD製HDDは悪評が多い省電力機能のIntelliparkがあるのだけど、このHDDもご多分に漏れず搭載されたいた。
この機能は勝手に止めたり動かしたりでHDDの寿命を短くする省電力機能(^_^;) 他のHDDを壊された経験がありWDに不信をいだいた。
なのでExamDiskというHDDの機能設定をおこなうソフトでIntellipark機能をオフにした。
WS000058.jpg
WS000059.jpg

3TBをフォーマットする時間はないので(本当はした方がいいのだろうけど)、クイックフォーマットを使用。
データもコピーした限り問題なし。
外付けのHDDケースで使用するので、必要時以外は電源は入らないので今後の動作がどうなるか不明だけど、容量的にしばらくは安心なので個人的には満足。

■電子書籍デバイス
SONYのPRS-T1を買った。
ネットオークションで中古品を購入。
IMG_3221_201603121900337ca.jpg
今までおなじSONYのPRS-350(画像のピンク色の物)を使っていたのだけど、旧製品でいいので画面が少し大きめものが欲しくて手に入れた。画面は5インチから6インチ。

SONYの電子書籍ストアから購入した本を読むには、機器認証しないといけないのだが、中古品はこの機器認証解除されていない(つまり前の持ち主で登録されたまま)物があり、この解除に手間がかかる(もしくはできない)ので、はっきりと解除されているとわかるものを探した。

発売当初であったら3万近く?になるが、もう5年程前の製品なのでかなり安く、今回買ったものはライト機能がついたケースもついていたので価格的には結構お得だった。
もっともPRS-350は発売当初に2万で買ったので、その分を考えればトントン?
PRS-350もその後価格が半額になって発売されていたからなんとも釈然としないけど…(^_^;)

6インチの大きめの電子インク画面なので読書に支障なし。SONYの初期製品である以前のPRS-350でも特に不満はなかったので、ページ送りも早めで違和感はない。

ただ若干問題も。

以前買った本がPRS-T1だと一部文字化けを起こしていた。
どうやら以前ダウンロードしたものだと文字化けするらしく、SONYのReaderストアにある新しいものをダウンロードしたところ解決した。なるほど、同じ本でも新たな機器が出た際はそれ用にも内容が更新されるらしい。もちろんPRS-350でも新しいものは問題なく表示された。

他にマイクロSDカードがささっていると動作がもたつくことがある。
どうやらSDカードを読み込む際に時間がかかっている感じ。古い4GのClass4のSDカードだからかと思い32GのClass10 UHS-IのSDカードも試してみたが同じような状態だった。
数回、フリーズしたと思えるような時もあり、使い勝手ではPRS-350の方が安心できるかも。

他、イヤホンを挿して音楽データを聴けたりもできる。PRS-T1以降の機種だと音楽プレイヤー機能はないらしいので必要ない機能と判断されたのかもしれないが、SONYらしく音質も良く、他に特に支障があるわけでもないのでお得感はある。

しばらく使ってみることに。

いろいろなトラブル

どうも年末からパソコン関連のトラブルに見舞われているので記載。

基本的にトラブル好きな人間。トラブルが起きなければつまらないと自分で起こすタイプ(迷惑)なので、それほど苦にはならないけど、あまりに連続で起こるといいかんげん息切れしてしまう。

 以下内容をささっと。


メインPCにSSD導入:起動ディスクの移植作業とそれにともない作業用HDDの構成直しでファイル移動。トラブルではないけどえらく手間がかかった。でもやり遂げた感。

HDDの一つが挙動不審:WDの1TBHDDにて代替処理保留中のセクタ数の増加。WDのEARSシリーズの持病が発生した模様。HDD RegeneratorにてHDDの修復作業。1TB分のエラーチェックは時間かかる。不良セクタは30個ほどで済んだが精神的にダメージ。
このトラブルのせいでHDDをひとつ購入するはめに(東芝製の2TB)。またしてもHDDの再構成及びファイルのバックアップ作業(10TB分以上)。

エクスプローラを開くとネット通信が途切れるトラブルが解決。うれしい。
原因は古いバッファロー製の無線LAN装置だった。Windows7未対応。NEC製のAtermにした。がんがん繋がりA&G+などネットラジオもストレスなく視聴できて快適。

右手指中指の靭帯を切断(マレットフィンガー)。痛くないけど不自由。肉体と精神にダメージ。

Jiko氏よりノートPCをもらう。うれしい。
搭載光学ドライブにデバイスエラー。レジストリをいじり直す。
USBコネクタの一つがおかしいとのことだったが、おかしかったのは接続していたUSBマウスだった。コードの断線が原因だったので繋ぎ直し解決。コードの長さが半分になるも問題なし。

買ったSONYブランドのBD-Rが、RITEKなOEM品であまり質がよろしくなさそうなことに不安を感じる。

右手が不自由な状態で接触の悪いTVのアンテナ線の交換作業。F型栓の加工作業で左手を負傷。痛い。

スピーカーの故障:ヘッドフォンジャックが粉砕(マジで)。元日から深夜まで若干仕様の違う部品でハンダ作業実施するも解決に至らず。ねむい。
→あきばでかったジャンクのSONYのVAIO印のスピーカーが同じ部品を使っていたので部品取りで解決。うれしい。
余談として、スピーカーを買ったハードオフで消費税を余計に取られる。釈然としない。精神的にダメージ。

しばらく外してあったバックアップで使っている2TBのHDDを接続したらエラー出てきた。やはりこれもWDのEARSシリーズ。またかいっ! このHDDの場合、代替処理保留中のセクタ数が400を超える。いろいろな作業実施。物理フォーマットするも一晩で終わっていない。いくら2TBでもそんなわけはない。あきらめて中断。そしてHDAT2というソフトで長時間かけて確認するもエラー無しな報告。はぁ?←いまだいろいろ作業中。

Jiko氏より弟の不要PCから取り外したDVDドライブや不要な外付けHDD(RAID仕様可 HDD500Gx2搭載)をもらう。うれしい。
DVDドライブを通電したら、中からエロDVDが出てくる。アフォか。玄関のポストに投入して返す。
外付けHDDは接続したところ代替処理保留中セクタが1個検出。もう慣れたので驚かない。
無視して在庫のHDDをテストで接続。RAID仕様のみかと思ったけどジャンパーの設定をいろいろ試したところ、1TBと2TBなど異なる容量のHDDのでもそれぞれ別ドライブで認識したので性能は満足。元の500GHDDx2はフォーマットした。

ふぅ、年末年始から地味なことに時間とられてるなぁ。
今度の大洗詣でお祓いしよう。

Baffalo製 AirStation のせいでネット通信が切れるトラブル【解決】

覚書のようなもの

長い間悩まされ続けていたネットのトラブルが解決したので記載。

内容:
 エクスプローラを開くとネットの通信がハング(止まる)

具体的な障害:
 ネットラジオの超!A&G+を聴いている事が多いのだが、エクスプローラでファイルを操作しようとすると放送が止まることがしばしば発生。当初はエクスプローラとのトラブルの関連性は気がつかなかった。タスクマネージャーのネットワークのグラフでも確かに通信が0なのを確認。同時に稼働しているサブPCでも通信が切れていた。

原因:
 無線LANで使用していたBAFFALO製無線LAN装置 WBR-G54 が動作していると症状発生
 ※WBR-G54はWindows7は未対応製品

原因が分かるまでかなり時間がかかった。
当初はWindows7をクリーンインストールしたり、マザーボードやLANHUBなどのLAN関係のデバイスを疑いLANボードを取り付けてLANケーブルを挿し変えたり交換したりもした。ことごとく解決せず。
エクスプローラを開くと発生するのを突き止めたので、ファイル操作をエクスプローラ以外のファイラー(XFなど)を使用したりもした(発生はしないが解決になっていない)。

ネットで色々情報を集めているうちにルーターに原因がありそうなことに思い至り、試しにWBR-G54をLANから外してみたところ症状の発生が確認できなかった。

WBR-G54のなにが具体的な原因なのかはまったく分からない。やはり動くからといって古いOS未対応の製品を使うのは避けた方がよさげ。
ネット自体は別のモデムルーターを使い、WBR-G54はルーター機能を無効にしてノートPC用などの無線LANとしてのみ使っていた。WiFi接続の機器もあるため無線LANがないと不便なので別の無線LAN機器を購入(NEC製AtermWF300HP2)。
同じようにルーター機能を無効にして(ブリッジモード)無線LANを使っているが問題は発生してない。

今にして思えば、録画デッキのDIGAでLANを使った「お部屋ジャンプリンク」も録画した番組が他のTVで再生できないことが「あったのは、この無線LANの不具合が原因かもしれない。交換後こちらもトラブルは確認できていないし。





カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報
Twitter ツイッター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

買い物
お知らせ
コメントは認証制とさせていただきました。 ブログ主が確認できるまで表示されませんのでご了承ください。 よほど変なものでなければ認証されます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
今までのブログはこちら↓
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる